占いを妊娠活動に取り入れよう

2013年10月14日

占いを妊娠活動に取り入れよう

不妊症の私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

妊娠しやすい体づくりも大切なのですが、心づくりも同じくらい大切だと思います。

特に、不妊治療が長くなればなるほど、焦りも出てきて心にストレスが重くのしかかってきますから、それが上手く解消出来るようになりたいものです。

私も一時期不妊のストレスに随分悩みましたが、そういう時期は良い結果が出ませんでした。

私の周りで結婚後すぐに妊娠していった人は、性格的に細かいことを気にしない割と大らかなタイプの人が多かったように思います。

ですが、自分はくよくよ気にしやすい性格だから妊娠できないということではありません。

そういう人は、中々性格は変えられませんが、なんとかなるさという気持ちで気楽に過ごせるように意識することで、妊娠に近づけると思います。

また、私の友人は仕事の傍ら、四柱推命の占い師をしているのですが、妊娠しやすいタイプは、その人が生まれ持った命式を見てみると性格的に楽天的なタイプが多いのだとか。

命式では妊娠の可能性の他にも、性格や適職、結婚など色々なことがわかるので、とても興味深いものがあります。

私も興味があったので、友人に弟子入りして色々習っていますが、だんだん上達してきて自分の運気を見ながら良い時期を選んで妊娠活動が出来るくらいになりました。

友人は、たまに妊娠が難しい人の命式の鑑定を頼まれることがあるそうなのですが、そんなときには後から巡ってくる運気(後天運)を活用してくださいと伝えています。

どんな人にも妊娠しやすい運気というのは訪れるので、その時に妊娠出来るように、普段からコツコツと地道に体づくりと心づくりを続けていってください。

そういう時期がいつおとずれるのかを知っているだけで、色々な計画が立てられますし、あまり悲観的にならないで済むと思います。

また、私の場合は妊娠運が上がっている時期は、とても楽天的でウキウキした気分になったりするんです。

友人は、誰でもそういう傾向にあると言っていましたが、本当に不思議に感じます。

たかが占いと思われる人もいるかもしれませんが、案外当たりますし、私はそのお陰で仕事、結婚等の色々な面で助けられてきました。

好き嫌いがはっきり分かれる分野ですので、無理にすすめるわけではありませんが、占いを上手に利用して、不妊治療をすすめていかれるのも良い方法だと思います。

sicyu_table011.gif

sicyu_table02.gif

不妊症の私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 体外授精ゆみ at 19:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。