子宮内膜の厚さと妊娠率

2013年07月06日

子宮内膜の厚さと妊娠率

不妊症の私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

子宮内膜と妊娠率には大きな関係があります。

子宮内膜が厚ければ暑いほど、妊娠できる確率は高くなります。

8mm以上が好ましいと言われているんですが、子宮内膜と妊娠成功率に関する研究調査が2件ありましたので、ご参考までにのせておきますね。

(1)アメリカのShady Grove Fertility Reproductive Science Center、Georgetown Universityの産婦人科の共同研究チームによる研究

2002年から2005年の間で、1294治療周期で、胚盤胞移植した患者が対象です。

1294治療周期のうち、864周期で妊娠が確認され、そのうち110周期は自然流産、564周期は無事に出産、190周期は現在妊娠中という内訳になりました。
 
採卵前にhCG注射を打った際に、超音波検査によって子宮内膜の厚さを計測したところ、妊娠した周期の内膜の厚さは平均11.9mm、妊娠にいたらなかった周期の内膜の厚さは平均11.3mmと、妊娠出来た周期の内膜の方が厚いということが分かっています。手(パー)

子宮内膜の厚みが大きい人ほど、妊娠するということが判明したと言えるでしょう。

実際、厚さが8mmの場合の妊娠率は53.1%だったのですが、16mmでは、なんと67.6%の人が妊娠するという結果になりました。

また、出産に至った確率は、8mmの人の場合は、44.9%だったのに対して、16mmになると、67.6%に大幅アップしています。

この研究をした研究者たちは、子宮内膜が薄いと言われる人たちでも、まずまずの妊娠率だったことから、子宮内膜が薄いからと言う理由で、移植をキャンセルする必要はないと言っています。

子宮内膜の厚さと妊娠成功率には、大きな関係はありますが、子宮内膜が6〜7mmの移植周期であっても、質の良い胚盤胞を移植すれば、50%が妊娠に至るという結果になったのです。

特に、20代の人の場合は、顕著に成功率が上がります。

子宮内膜が何ミリの時なら移植するかは、賛否両論があり、クリニックによって大きく考え方が変わってくるところ。

例えば、8mm以下は絶対に移植しないというクリニックもあれば、6mmからでも移植してくれるところもあります。

また、30代で子宮内膜が6mmの場合は移植をすすめませんが、20代なら移植を試みるなど、実に様々です。

(2)研究論文 Parabolic trend in endometrial thickness at embryo transfer in in vitro fertilization/intracytoplasmic sperm injection cases with clinical pregnancy evidenceより

1997〜2006年の間で、凍結胚移植を受けた患者を対象に行われた研究で、内膜を調整する方法には、エストラジオールを用いて、内膜が7ミリ以上になった時点でプロゲステロンを使用しました。

移植が行われたのはその2〜3日後です。

その結果、子宮内膜が9〜14mm(386名)の着床率は、19%、子宮内膜が7〜8mmでは12%、子宮内膜が9〜14mm(386名)の妊娠率は、25%、子宮内膜が7〜8mmでは14%となりました。

また、継続妊娠率については、子宮内膜が9〜14mm(386名)では、27%、子宮内膜が7〜8mmでは 16%、出産率は子宮内膜が9〜14mm(386名)では、25%、子宮内膜が7〜8mmでは14%となりました。

この調査からわかるように、子宮内膜は厚いほど、妊娠率があがり、さらに、9〜14mmの子宮内膜の厚さがあるとどの項目でも良好な結果を示していると言えるでしょう。

9mm以上の子宮内膜を目指したいものですね。手(グー)

ところで、私の通うクリニックでは、やはり8mmから移植を推奨しています。

クリニックの先生が言うには、排卵前には、内膜は1日あたり0.5mm〜1mm成長します。

しかし、排卵直前で一気に2〜3mm成長するタイプの人もいるとのことでした。

私は、内膜を厚くするために、排卵少し前には、エストラーナテープという内膜を厚くする貼り薬を6枚貼ります。

さらに、子宮の血流を良くするために、腰回しや股関節のリンパをマッサージするなどの努力を重ねています。

そのため、体調が良い周期では、直前にググッと内膜が成長して、10mmほどになることがあります。

私は、これからも子宮内膜を厚くするために、自分ができることを見つけて精一杯頑張るつもりです!

あなたも一緒に頑張りましょうね。わーい(嬉しい顔)

不妊症の私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 体外授精ゆみ at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。