凍結胚移植

2013年06月23日

凍結胚移植

不妊症の私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

凍結胚を移植する時には、自然周期(採卵後3〜5日目)とタイミングを計りながら戻すホルモン補充周期(HR周期)の2つの方法があります。

自然周期は、自然に排卵するのを待って、排卵したら凍結胚を移植するというもの。

一方、ホルモン補充周期は、生理開始後から、貼り薬で排卵を抑えて、徐々に子宮内膜を厚くしてからほどよい状態になったら移植するという方法です。

どちらにしようか迷う人が多いと思うんですが、両方にメリットデメリットがあるので、よく主治医と話し合った上で、自分に合ったものを選びたいですね。

私が初めにしたのが、自然周期でした。

主治医との話し合いで、私は割と生理周期は順調な方なので、まず自然周期で胚を数回移植してみて、だめならホルモン補充周期にしてみようということになりました。

(1)自然周期のメリット

自然周期のメリットは、ホルモン剤や、注射や貼り薬などを使わなくて済むので、体にも経済的にもやさしいです。

また、貼り薬をはりかえ忘れたという失敗もないので、あまり煩わしくなくて、気楽に取り組めるという点も良いですね。

それから、排卵日にタイミング法を使って、妊娠することも出来ますよ。手(チョキ)

(2)自然周期のデメリット

排卵日が予測できないのでこまめな排卵チェックが必要になるため、結構面倒なことや、事前に予定がたてにくいことがあります。

また、排卵日を決定するため、何度も通院しないといけないので、仕事などが忙しい人は両立が大変です。

生理不順の人は、排卵日が定まらず、あまり向いていないと言えるでしょう。

排卵障害の人には排卵がないことがあるので、これまた不向き。

また、予想を上回るスピードで卵胞が発育してしまい、子宮内膜が厚くなる前に排卵してしまった場合などがあります。

私も一度、内膜が厚くなる前に、排卵してしまったことがあります。バッド(下向き矢印)

(3)ホルモン補充周期のメリット

希望した日に移植できることがメリットのうちのひとつです。

生理不順や排卵障害のある人でもちゃんとコントロールできます。

自然周期で子宮内膜が厚くならない人でも、薬を使えば厚くできることも良いですね。わーい(嬉しい顔)

子宮内膜で胚が着床できる期間を1日、もしくは2日、後ろにずらすことが可能なので、発育の遅い胚でも着床させることが可能になります。

これは本当に有難いですね。

そのためか、自然周期に比べて妊娠率が若干ですが高くなっています。

(4)ホルモン補充周期のデメリット

デメリットは、ホルモン剤や、注射や貼り薬、座薬など、薬代が高つくことです。

貼り薬のはりかえが結構面倒くさいし、かぶれることもあります。

(夏場は特にかゆくて辛いです。)

また、座薬を使うと出血することもあります。

頻繁に注射に通う必要があります。

妊娠しても、ずっと10週目まではホルモン補充をしないといけません。

自分の力でホルモンを分泌できないので、妊娠できても流産率が少し高くなります。

どっちが良いかは、あなたの今の年齢や生理周期が大きく影響すると思います。

もしあなたが40歳未満で、生理周期が規則正しい場合には、自然周期が有効ではないでしょうか。

ただし、排卵日をきちんと把握できないと、成功率は格段に下がってしまうので、その辺が難しいところですね。

あなたの年齢が40歳以上で、子宮内膜が薄かったり、卵巣機能が低下していると考えられる場合には、ホルモン補充周期が合っていると思います。

ホルモンで内膜を厚くフカフカにして、成功した人はいっぱいいますから。手(パー)

私の場合は、生理は順調だったので最初び2回ほどは自然周期で戻したんですが、内膜が6〜7ミリと薄かったためか、成功しませんでした。

そのため、最近はずっとホルモン補充周期での移植となっています。

ホルモン補充で貼り薬をはると、内膜は8〜9ミリとほんの少しだけ厚くなります。

たかが1ミリですが、されど1ミリ。

1ミリ厚いだけでも、着床率は上がるので、このままホルモン補充周期で移植していきたいなあと思っています。

どちらにしようかお悩みのあなたは、主治医とじっくり話し合って一番あなたに合った方法を探して下さいね。

不妊症の私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 体外授精ゆみ at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。