胚盤胞のグレード

2013年06月16日

胚盤胞のグレード

不妊症の私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

受精卵は、分割を繰り返しながら成長していきます。

通常では、2〜3日では4〜8分割、4日経つと16分割にまで成長。

16細胞期では、内側の細胞も外側の細胞も細胞同士がぎっしりと密着してきます。

この状態がいわゆる桑実胚と呼ばれるもの。

5日目には、胚の内側が外側から遮断されて、胚の内部に割腔と呼ばれる空間ができて、次第に液体が溜まってくるのですが、この状態を「胚盤胞」と呼んでいます。手(パー)

そして、だんだん全体が大きく成長し、それに伴って胚を包んでいる透明帯は薄くなってきます。

胚盤胞は、着床寸前の状態で、ここに至る前に分割を停止してしまう胚も少なくありません。

一般的には、胚盤胞まで成長するのは、約50%でしょう。
なので、ここまで育った胚はとても力強く、生命力にあふれているので、着床率が高いと言われているのです。

胚盤胞は、2〜3日目の初期胚と違って、胞胚という構造をしているのが特徴。

外側と内側に分離しており、外側の皮の部分が透明帯、身の部分が外細胞塊(胎盤になる部分)、内側の部分が内細胞塊と言われていて、赤ちゃんになる部分なんですよ。

よく、胚盤胞のグレードと表すときに、4AAとか、5BCなどと呼んでいるのをご存知の方も多いのではないでしょうか。

これは、胚盤胞の胞腔の広がりとスピード速度(1〜6で表す)と内細胞塊の状態(A〜Cでランク付け)、外側を囲む薄い細胞(胎盤になる部分)の状態(A〜Cでランク付)の3つで胚盤胞をランク付けしているからなんです。

そして、このグレードごとに妊娠率は変わってきます。

(1)発育速度による胚盤胞グレード

胚盤胞の発育に伴ってグレードの数字が増えるので、大きな数字ほど成長が進んでいると考えてくださいね。

グレード1 初期胚盤胞   胚盤胞腔が胚全体の半分以下の状態

グレード2 中期胚盤胞   胚盤胞腔が胚全体の半分以上の状態

グレード3 後期胚盤胞   胚盤胞腔が全体に広がっている状態

グレード4 拡張期胚盤胞  胚盤胞腔が全体に広がり、透明体も薄くなっている状態

グレード5 一部突出胚盤胞 外側の細胞層の一部が透明体から出てしまって、ハッチング(孵化)しつつある胚盤胞の状態

グレード6 完全突出胚盤胞 透明体から完全に出てしまってハッチング(孵化)した胚盤胞の状態

(2)前の部分のアルファベット  
 
赤ちゃんになる部分(内部細胞塊)の評価をABCで表しています。

細胞数が多ければ多いほどと良い評価となるんです。

A細胞数が豊富である

B細胞数は普通

C細胞数が少ない
 
(3)後ろのアルファベット
 
胎盤になる部分(栄養外胚葉)の評価をABCで表しています。
細かくて均一な方が良い評価となります。 

A細胞が細かくて均一

B細胞は普通

C細胞があらくて不均一

(4)グレードごとの胚盤胞の妊娠率 
 
AA、AB、BAの妊娠率 約50%

BBの妊娠率       約30%

BC、CBの妊娠率    約25% 

CCの妊娠率       約5%

初期胚盤胞の妊娠率    約20%

一般的には3BB以上のグレードが良い胚盤胞と言われています。

また、良いグレードの胚盤胞ほど着床率が高いことがわかるでしょう。

でも、不思議なことに、グレードが悪くても妊娠できることもありますし、逆にとてもよい妊娠率が期待できる胚盤胞を移植したのにだめなこともあるんです。

胚盤胞のグレードは顕微鏡から見た状態だけで決定されていることもひとつの原因だと思います。

見た目が良くてグレードが高くても、染色体異常の胚である場合もあるし、見た目が悪くグレードが低くても、生命力のある胚の場合もあるのです。

グレードはあくまで見た目で判断されているということも知っておいてくださいね。

また、若ければ若いほどグレードの良い胚盤胞ができる可能性が高いです。

それから、同じグレードの胚盤胞を移植しても、若い人程妊娠の確率は上がるというデータがあるので、ここでも若いうちに妊娠することがいかに大切かがわかりますね。

でも、年齢が高くても努力次第で良い胚盤胞を育てることはできますから、最後まであきらめないで、毎日自分にできることを続けることが一番大事だと思います。手(グー)

また、高年齢の人は、子宮内膜が厚くなりにくく、胚の発育が遅い、グレードの良い胚を移植してもなぜか妊娠しないという人が多いのですが、その人たちには、着床しやすくするために、移植前に透明帯を全て除り除く、透明帯除去法を実施してくれる病院もあります。

かなり良い結果が出ているそう。

気になる方は、あなたが通っておられるクリニックに一度聞いてみてくださいね。

ちなみに、ABとBAでは、BAの方が妊娠率は高いです。

赤ちゃんになる部分より、胎盤になる部分のグレードが良い方が妊娠しやすいということがわかりますね。

つまり胚盤胞移植を成功させるカギは、女性の年齢と胎盤になる部分のグレードだと言えるでしょう。

グレードの評価の仕方は、病院によって微妙に異なるので、一度、あなたが通院されている病院で確認してくださいね。わーい(嬉しい顔)

不妊症の私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 体外授精ゆみ at 07:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。