体外受精の病院選び

2013年05月22日

体外受精の病院選び

不妊症の私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

体外受精を成功させる最大のカギは、どこの病院に通うかではないでしょうか。

そこで、安心できる病院選びのポイントをご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。わーい(嬉しい顔)

(1)自宅や会社から通える距離である

体外授精は長期に渡ることが多く、また治療する周期には、頻繁に病院に通う必要があるので、なるべく近い所、通いやすい所をおすすめします。

(2)待ち時間が少なく、予約もできる(ウェブ上でも出来ればさらに良い。)

忙しい時間の合間をぬって治療に通っておられる人がたくさんいるので、患者さんの負担を軽減するように予約制にしている病院は良心的ですね。

(3)治療成績が公表されている
 
治療成績が公表されている病院は信頼出来ると思います。

特に、項目ごとに詳しく公開されている病院ほど信頼度は高いように感じますね。

(4)体外受精の年間実施率が多い

実施件数が多いということは、医師が多く経験を積んでいる事の証拠になりますし、患者さんもたくさん来て
いる人気のある病院だと思うので、これも重要なポイントですよ。

(5)時間外診療に対応できること

日曜・祝日の診療が受けられない施設は選択しないほうが良いです。

患者さんの一番良い胚移植や採卵のタイミングが、日曜や祝日に重なった時に、患者さんを優先して、対応してもらえると安心ですよね。

(6)不妊治療に伴う心のケア(カウンセリング)をおこなっているか

体外授精は精神的にかなりの負担がかかるので、しっかりサポートしてくれるクリニックを探しましょう。手(グー)

(7)医師や看護師が検査や治療法についてきちんと説明してくれ、質問にも丁寧に答えてくれるか

体外受精で使用する薬は女性の体にかなりの負担がかかりますし、副作用もあるので、きちんと理解した上で治療に臨まないと大変な事になるからです。

また、治療の種類も様々なので、説明なしで把握するのは難しいんですよね。

思い違いを避けるために、どんな小さい事でも、詳しく説明してくれるクリニックを選びましょう。

(8)治療方針が自分にあっているか

自分の望んでいる治療方針と病院の方針とが大きく異なる場合があるので、その病院の特徴を事前にしっかり把握しておきましょう。

体外授精の色々な情報を集めて、自分なりの治療方針をしっかり立てておく事は必須ですよ。

以上の事を踏まえて、不妊専門クリニックのホームページをじっくりと、チェックしてみてくださいね。

ホームページをチェックして、気になる病院をいくつかピックアップした後には、体外授精の説明会に参加される事をおすすめします。

実際に参加して話を聞くことで、より詳しい治療方針を知る事が出来ますし、医師や看護師の人柄など、ホームページを見るだけでは伝わってこない雰囲気も感じとることが出来るからです。

私も今通っている病院の体外授精説明会に出席しましたが、治療方針が明確で、クリニックの考えに賛同できたことと、そこでの医師や看護師の雰囲気がとても温かかった事が決め手となって、今のクリニックを選びました。手(チョキ)

様々な病院の料金や内容を検討し、その上でより自分に合った病院を見つけて下さいね。わーい(嬉しい顔)

不妊症の私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 体外授精ゆみ at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。