人工授精の禁欲期間

2013年02月15日

人工授精の禁欲期間

私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

人工授精をする際には精液を持参しますが、採取する時には禁欲期間を守らなければなりません。

禁欲期間というのは、性交渉などを持たないようにする期間ということ手(パー)

禁欲期間は3〜4日ほどが理想だとされています。

私が初めて人工授精を行った時は、禁欲期間のことがすっぽりと頭から抜け落ちていて、きちんと守ることができませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

事前に初めての人向けのリーフレットをもらっていたにも関わらず、全ての注意を頭に入れておくことができなかったのですバッド(下向き矢印)

人工授精の前々日に性交渉を持ってしまい、それに気づいたのが当日。

検査技師さんが主人の精子の検査結果を報告に来てくれた時に、今回はいつもと比べてあまり数がよくありませんね、と言った時です。

その瞬間しまった!と思い、前々日に性交渉を持ったことを話すと、どうりでと納得した様子でしたたらーっ(汗)

技師さんが言うには、やはり人工授精を行う際には、禁欲期間を守ってほしいとのこと。

そしてその期間は短すぎても長過ぎてもダメなのだと。

短すぎると数が減り、長すぎると数は大丈夫なのだが運動率が下がる傾向があるのです。

そして強いて言うなら、短い方がまだマシだとも。

その時の人工授精も、数が少し悪いが運動率が良かったので予定通り行いましょうということで、無事処置をしてもらうことができましたグッド(上向き矢印)

そして次回からは必ず禁欲期間を守って下さいと注意されました。

やはりなるべく数も運動率もよい精子を使いたいからと。

どうせ人工授精をするなら、万全の調子で行いたいですものね。

私のような失敗は、特に初めての人工授精で勝手のわかっていない人に多いので、同じような方は十分に注意してください。

私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 体外授精ゆみ at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。