人工授精の成功率

2013年01月22日

人工授精の成功率

私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

人工授精にステップアップすることになったら、その成功率がとても気になりますね。

ですが、実は自然妊娠とほぼ同じの10パーセントなんですよexclamation

私もそれを聞いた時はもう少し高くてもいいんじゃないかとがっかりしました。たらーっ(汗)

その理由としては、人工授精は、実は、自然妊娠とほとんど変わらないからです。

自然妊娠では子宮の外から精子自信が長い距離を泳ぎ子宮内に到達しなければなりませんね。

人工授精ではその距離を泳がなくて済むよう、子宮の中に精子を入れてやります。


人間が手を貸すのはそこまでで、そこからは、自然妊娠も、人工授精も、精子が自力で卵子まで到達して授精しなくてはなりません

クリアしなければならない障壁も多く、それらを乗り越え授精できるかどうかの確率はどちらもほぼ同じということになるんですね。

ただ、一人一人見ていくと、自然妊娠と人工授精では著しく妊娠率が違ってくるということがあります。

それに該当するのは、精子が自力で子宮内に入ろうとする際に、妻側の体液との相性が悪く死滅してしまい、子宮の中に入れないという頸管粘液不全の方の場合です。

この場合は精子の量や質が正常でも、妻の子宮内に精子が入ることができないため、妊娠することができません。

こういったカップルの場合は、人工授精はとても有効な治療法なのです。

それ以外で、タイミング法ではなかなか結果が出ないからとステップアップした方の場合は、だいたい6回くらいを目安にすることが多いですね。

人工授精で妊娠できるということは、子宮内に精子が入ってのち、卵子までたどりついて受精し、できた受精卵が無事に子宮内へ転がりながら到達し、着床するというプロセスをすべて完ぺきにたどることができるということですグッド(上向き矢印)

ですから6回目くらいまでに妊娠できないということは、これらのプロセスのどこかに問題があるということになるのですねバッド(下向き矢印)

私は一度も人工授精では妊娠できませんでした。

ドクターの推測では、子宮内膜の状態が悪く、着床できなかったのではというものでした。

人工授精の成功率はそれほど高くはありませんが、軽微な不妊の方はきちんと妊娠することができます。

そして人工授精で妊娠できる人は、プロセスに問題がないため、次回は自然妊娠も充分期待できると思ってもよいのだとドクターはおっしゃっていましたね。

ドクターを信頼し、あまり力を入れすぎず、自然に人工授精を受けてくださいね。

私が子供を授かった“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 体外授精ゆみ at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。